飛ぶドライバーランキング

飛ぶドライバーランキング2017‐2018

2017年〜2018年最も飛ぶドライバーをご紹介します。
2017〜2018年モデルのドライバーは、新しいテクノロジーが様々登場して特徴が様々。ドライバー選びが本当に楽しくなっています。
2018年は、新年早々キャロウェイROGUEシリーズやテーラーメイドMシリーズも登場。秋にはSRIXONやタイトリストもNEWモデルを発表することが予想されます。競争が非常に熱い一年になりそうです。
是非、あなたにピッタリなドライバーを見つけ出してください。

 

飛ぶドライバー総合ランキング

キャロウェイ ROGUE ドライバー


ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

 

2018年早々、最も話題になっているキャロウェイの最新モデル。
全部で4つのモデルが登場しました。
・ROGUE ドライバー(日本モデル・USモデル)
・ROGUE STAR ドライバー(日本モデル)
・ROGUE SubZero ドライバー(日本モデル・USモデル)
・ROGUE DRAW ドライバー(USモデル)

 

ヘッド内部でソールとクラウン部分を2本の柱でつなぎ、ヘッドのたわみを抑えることでボール初速を上げているのですが、その2本の柱を軽量化しました。軽量化することでフェースに近い部分の重量を軽くすることが出来、重心を後ろに下げることが出来ました。重心を後ろに下げることで球が上がりやすくつかまりやすくなっています。
また、クラウン部分も強化することで軽量化に成功。その分重心が下がり、スピン量を少なくすることが出来ています。

 

それらの余剰重量を再分配することで、4つもモデルそれぞれに特徴を出すことが出来るようになりました。

 

前のEPIC STAR ドライバーは、アベレージゴルファーには少し難しいという声が多くありました。ROGUE STARは、先ほど述べた余剰重量をヘッド後方のヒール寄りに設置。これによってヘッドが返りやすくなり球がつかまりやすくドローボールが打ちやすいドライバーとなりました。また、球が上がりやすいのでヘッドスピード40m/sくらいの方でも十分に性能を発揮できるドライバーとなっています。つかまりやすく、球が上がりやすいドライバーとなりました。
⇒ ROGUE STAR ドライバーの詳細はこちら

 

USモデルとなりますが、同じようなタイプのROGUE DRAW ドライバー。ROGUE STARにライ角ロフト角調整のカチャカチャ機能が付いたモデルとなります。
⇒ ROGUE DRAW ドライバー(USモデル)の詳細はこちら

 

最も初速が速く、スピン量が少ないモデルがROGUE SubZero。余剰重量をソールの前の方にも配置したことで浅い重心でハードヒッターが使用してもスピン量が増えすぎず、力強い球を打つことが出来るドライバーです。
⇒ ROGUE SubZero ドライバーの詳細はこちら

 

ゼクシオ10ドライバー


ゼクシオ10ドライバーの詳細はこちら
2017年12月9日発売の最新モデル。
アマチュアのシニアから、女子プロ、シニアプロ、男子レギュラーツアープロまで全てのカテゴリーの選手が使用する世界でも稀なドライバーです。
今回のゼクシオは「芯食い」がテーマとなっています。シャフトのしなり方やヘッドとのバランスを見直すことで、プレーヤーの体にかかる負荷をコントロールし軸がぶれにくくしました。軸がぶれにくい分、スイートエリアをとらえやすくなっています。また、真っ芯を外してしまっても、スイートエリアが非常に広くなっていますので、しっかりと飛んでくれます。フェース全部がスイートエリアなのかと感じるくらいです。

 

すでに女子プロでは吉田弓美子選手がツアーで優勝。
男子では、稲森佑貴選手が日本シリーズJTカップで使い始め優勝争いに絡む活躍を見せました。

 

実際に使用している方々の口コミも本当に絶賛の嵐です。購入を検討されている方は是非参考にしてみてください。
⇒ ゼクシオ10ドライバー 使用者の口コミ・評価はこちら

 

テーラーメイドM4ドライバー



テーラーメイドM4ドライバーの詳細はこちら

 

世界トッププレーヤーのダスティンジョンソンやジョンラームが実戦使用してすぐに優勝。その完成度の高さに世界中が驚かされました。
プロが使用するモデルではありますが、実はヘッドスピード43m/sくらいの方でもしっかりボールが上がって、性能を発揮させることが出来るドライバーです。
注目は、やはりTWIST FACE。人間が打った時に起こるスイング軌道と打点、そのボールの行方を徹底的に分析。フェースのどこに当たってもフェアウェイを外しにくいフェースが完成しました。

 

⇒ M4ドライバーの詳細はこちら

 

USモデルとなりますが、つかまりを良くしたDタイプもラインナップされています。スライサーでも捕まった球を打つことが出来、飛距離のロスを抑えてくれます。
⇒ M4 Dタイプ ドライバーの詳細はこちら

 

PRGR RS-F 2017年モデル


PRGR RS-F ドライバーの詳細はこちら

 

飛びすぎて適合クラブリストから除外されるという事態になりましたが、
2017年モデルとして復活しました。
小平智選手が使用してぶっ飛ばしていますが、
つかまりを抑えて飛びに特化させたドライバーです。

 

⇒RS-F 使用者の口コミ・評価はこちら

 

 

EPIC STAR ドライバーは、本当に多くのプレーヤーの飛距離を伸ばしましたが、とはいえやさしいドライバーではありません。ある程度芯でとらえる・捕まえる技術とヘッドスピード40m/s以上はあった方がいいでしょう。
ゼクシオ10ドライバーは、やさしく飛ばしたい、ミスヒットへの許容度も高い方がいい、つかまりやすい方がいい、とやさしいドライバーを求める方におすすめです。

 

番外編:ハヤブサドライバー(高反発)




2015年冬に発売された高反発ドライバーのHAYABUSA。
大きな話題になっています。
とにかく飛ぶ!
私はエースドライバーよりも50ヤード飛びました!
しかもストレート性能が半端ないです。
もちろんルール非適合なので
競技では使用することはできませんが、
プライベートで楽しむ分には全く問題ありません。

 

私自身、購入してしまいました^^;
使用感・レビューは⇒こちら

 

⇒ 高反発ドライバー【ハヤブサ】の詳細はこちら

 

2018年モデルドライバーも続々登場

タイトリストVG3ドライバー2018年モデル

2018年モデルとして登場してきたドライバーは、
クラウン部分の更なる軽量化と、それに伴う低重心化を実現したドライバーが登場してきています。
例えば、タイトリスト VG3ドライバー。

タイトリストVG3ドライバーの詳細はこちら
クラウン部分の軽量化で重心を下げることが出来ますし、更なる余剰重量が生まれるのでその再分配で重心の位置を調整することが出来ます。

 

キャロウェイROGUEドライバー

キャロウェイから新しいモデルであるROGUEシリーズが発表されました。
・ROGUE STARドライバー
・ROGUE ドライバー(数量限定)
・ROGUE SubZero ドライバー(数量限定)
の3タイプ。
前作のEPICよりも、内部の2本の棒やクラウン部分を軽量化させることで、重心位置を最適化。
3つのモデルそれぞれの特徴を鮮明に出すことに成功しました。

 

石川遼選手や上田桃子選手が試打をされている様子がアップされています。

ROGUE STARは、つかまりやすく、高い弾道で飛ばすことが出来ます。

 

発売日は2月下旬。

 

テーラーメイドM3ドライバー
テーラーメイドM4ドライバー

 

クラウン部分がたわむ方がいいのかたわまない方がいいのか

2017年最も話題となったキャロウェイのEPICドライバー。キャロウェイでは、インパクトでヘッドがたわむことはエネルギーロスであると考えました。そこでヘッド内部でクラウンとソールを2本の棒でつないでたわみを押さえました。

 

それに対して、他のメーカーでは、インパクトでヘッドをたわませることで、ボールを強く押せると考えています。

 

EPICが登場するまでは、たわんで飛ばすというのが主流でしたので、非常に衝撃的な考えでした。

 

現時点では、どちらの理論が正しいのかというのはわかりません。

 

2018年1月にキャロウェイは更に新しいドライバーを出してきます。「EPICを超えなければ、出す意味なんてない。」と非常に強気な姿勢です。

 

2018年は、このたわませるのか、たわませないのか論争に決着がつくでしょうか?

 

飛ぶドライバーを中古で購入

最新の飛ぶドライバーが欲しいけど、少しでも安く購入したい。
そんな方には、中古で良いクラブを見つける方法もあります。

 

発売して間もないクラブでも、結構中古市場に出回っています。
ただ、近所の中古ショップを巡っても、お目当てのクラブがあるとは限りません。

 

中古ショップ最大手のゴルフパートナーでは、
インターネットですべての在庫の中から選んで購入することができます。

 

非常に多くの商品群の中から選ぶことが出来て
自宅で選んで自宅に届きます。

 




ゴルフパートナー