ヤマハ インプレスUD+2 ドライバー 試打評価

ヤマハ インプレスUD+2ドライバー

インプイレスUD+2ドライバー 発売日

ヤマハからインプレスUD+2ドライバーが登場します。

 

前作は、アイアンのみのラインナップでしたが、
本当に2番手飛ぶということで非常に人気が出ました。

 

今回は、ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンとフルラインナップです。
アイアンで2番手上は分かるのですが、
ドライバーで2番手上の飛び?
試打して検証してみます。

 

発売日は、2016年9月16日です。

【全品P10倍+3,240円以上で送料無料!(9/8 9:59まで!)】 [2016年モデル] ヤマハ メンズ インプレス UD+2 ドライバー TMX-417D シャフト 【ポイント10倍(9/27 9:59まで)】 [有賀園ゴルフ] [10P03Sep16]

 

インプレスUD+2ドライバーは本当に飛ぶ?

インプレスUD+2の飛ばしの理由は、
やはりストロングロフトということです。
でも、表示を見ると9.5度と10.5度。普通だな〜。
ストロングロフトというのは、リアルロフトのことのようです。

 

この手のつかまるアベレージゴルファー用ドライバーというのは
基本的にはフックフェースになっており
リアルロフトはかなり寝ています。

 

それが、このUD+2は、ほぼ表示通りのロフトとなっています。

 

本来、これではヘッドスピードが40m/s前後のアベレージゴルファーは
ボールが上がらず、スピン量も少なくなり飛びません。
しかし、UD+2は、超低重心+超深重心で
高い弾道で適正スピンで飛んで行ってくれます。

 

超深重心というのは、
ウエイトをヘッド後方に配置していることに加えて
さらに深くするためにフェースプログレッションも小さくしました。
構えたときにややグースが効いているように見えるのは、
つかまりを良くするためというよりも重心を深くするためだそうです。

 

実際に打ってみると、確かに飛びます。
ルール適合内ドライバーの中では、
1〜2位を争う飛距離です。

 

つかまりも抜群にいいです。

インプレスUD+2ドライバーの詳細はこちら