2017年モデル一番飛ぶドライバー

2017年飛ぶドライバーランキング

2017年ドライバーは、
反発力がルールギリギリなのは普通。
如何に重心位置を最適化して
飛ばすことが出来るかの争いになってきています。

 

PRGR RSドライバー


PRGR(プロギア)RS ドライバー

 

前作のiDナブラRSドライバーが驚異的な飛距離性能で
D-1グランプリで優勝するなど圧倒的な強さを見せました。
その後継モデルもまた素晴らしいものを出してくれました。
フェースの広い範囲でルールギリギリの反発係数。
実際に打ってみると、どこで打っても飛んでしまいます。
リアルロフトがかなり立っているのですが、
重心位置が深くなっており
球は上がりやすく、そして最適なスピンで飛びます。
つかまり具合は、「RSドライバー」はかなりつかまりがいいです。
普段つかまりがやや悪い方がそのままのスイングで打っても
しっかりとつかまるようになるでしょう。
「RSドライバーF」は、つかまりを抑えたモデル。
ある程度自在に捕まる球を打てる方でないと
スライスばかりになってしまうでしょう。
ただ、普段からしっかり球を捕まえることが出来ている方は、
十分に捕まった球を打てます。

 

PRGR RSドライバーの口コミ・レビューはこちら

 

ヤマハ インプレスUD+2 ドライバー


インプレスUD+2ドライバー

 

前作は、アイアンのみのラインナップでしたが、
本当に2番手上の飛びを実現して驚かせてくれました。
今回は、ドライバーでも2番手上の飛びを目指しました。

 

対象としているのは、初心者からアベレージゴルファー。
極めてつかまりが良く飛ぶドライバーになっています。

 

まず、表示ロフトは一般的なのですが、
リアルロフトが結構立っています。
ロフトが立つと、球が上がらない、ドロップする、
という現象が起こりやすいですが、
超低重心・超深重心になっており
しっかり球が上がって、スピン量も最適になってくれます。
構えたときに、グースネックのようになっているのは、
重心を深くするための工夫だそうです。

 

実際に打ってみると、プラス2番手を実現できる方も
いるのではないかという飛びです。
確かに飛びます!

 

インプレスUD+2ドライバーの詳細はこちら