2016年モデル一番飛ぶドライバーは?

2016年モデル一番飛ぶドライバーは?

2016年モデルが続々と発表され始めています。

 

2016年最も飛ぶドライバーランキングを
作成してみました。
私や周りのゴルファーが試打したデータ、
ゴルフ雑誌などから集めたデータを元に
ランキングを作成しました。

 

PRGR RS ドライバー

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
●PRGR/プロギアRS ドライバー(2016)
2015年D-1グランプリで優勝したナブラRS01の後継モデル。
2016年D-1グランプリは発売前だったため登場しませんでしたが、
参加していたら間違いなく一位だったでしょう。

 

このドライバーは、ダブルクラウンと呼ばれる
フェースとクラウン部分のつながりを工夫したことで
反発係数がとんでもなく高くなってしまいました。
そのためフェースの弾きを抑えたそう。
その代り、反発係数がギリギリのエリアを
非常に広くすることに成功。
フェースのどこに当たっても、めちゃくちゃ飛びます。

 

⇒PRGR RS ドライバー(2016)の詳細はこちら

 

 

キャロウェイXR16ドライバー


プロからもアマからも評価が高いXR16ドライバー。
先代のXRドライバーも非常に飛ぶドライバーですが、
さらに進化させてきました。

 

重心距離が長く、重心深度が深くなっており
やさしく飛ばすことに重点が置かれたドライバーです。

 

インパクト付近でのヘッドの加速も半端ないです。
2016年D-1グランプリでも見事に優勝していました。
⇒キャロウェイXR16ドライバーの詳細はこちら

 

ゼクシオ9ドライバー Miazakiモデル


ゼクシオ9は、自分が上手になったかと錯覚するような
飛びと安定性を増したドライバーになっています。
ヘッドが少し重たくなり、その分シャフトが軽くなっていて
スイング中に自然なタメが生まれやすくなります。
ですので、インパクト付近でヘッドが走り
ヘッドスピードが自然と上がってくれます。
これはスイングすればすぐにわかります。

 

また、今回のゼクシオは、
若手男子プロも使用しています。
もちろん、シャフトはカスタムしていますが、
非常に力強い球が出るので、
プロまでもが満足できるゼクシオになっています。
ゼクシオ9 Miyazakiモデル の詳細はこちら