テーラーメイドM6ドライバー

テーラーメイドからM6ドライバーが登場

テーラーメイドから新しいMシリーズが登場します。
今回は、M5とM6がラインナップされています。このページでは、M6ドライバーをご紹介します。

●[2019] テーラーメイド M6 DRIVER/エムシックス ドライバー[日本仕様]FUBUKI TM5 2019 シャフト

 

M6ドライバー発売日 日本では未発売モデルも

M6ドライバーの発売日は、2月15日でした。
今回のM6も日本ではD-TYPEは発売されません。D-TYPEとは、つかまりの良いタイプのM6です。テーラーメイドの本国アメリカで発売されており、もちろんフェアウェイゴルフUSAさんでも発売されますので、日本からも容易に購入することが出来ます。
テーラーメイドM6TYPE-Dの詳細はこちら

 

何が変わった?

これまで各メーカーから発売されていたドライバーは、製造誤差による個体差と言うものが必ず存在しました。
工業製品なので、どうしても製造誤差というものが出てしまいます。各メーカーごとにある程度の誤差まで合格とせざるを得ないのです。
ですので、個別のドライバーの反発力が製造誤差の上限のものと下限のものとでは、かなりの差があるというわけなんです。その上限のものは、プロや関係者に渡されます。そして、残りが市販品となるわけです。
これが今回のドライバーでは、すべてのドライバーをルール上限ギリギリで販売される方法が採用されました。
「まずルール不適合のヘッドを作り、その後すべてのヘッドを計測し、そのデータをクラウドに送り、独自のアルゴリズムによって計測された必要なだけのレジンをトウ・ヒールに注入することで、ルール限界値にチューン。注入するレジンの量はヘッドによって異なる。そして、注入後にもう一度計測を行う」これによって、全数がルール上限ギリギリとなります。

 

M6ドライバー ヘッドデータ

ヘッドの重さ:199.1g(やや重い)
重心距離:40.8mm(長い)
重心深度:42.1mm(非常に深い)
フェースの高さ:52.9mm(シャロー)
SSの高さ:33.4mm(低い)
低重心率:63.1%(標準)
ヘッド左右MI:5020g?(非常に大きい)
ネック軸回りMI:8154g?(非常に大きい)

 

M6ドライバー 口コミ・レビュー

ヘッドの個体全数が反発係数ギリギリをしていることで、ボール初速アップ、飛距離アップを皆さん実感されているようです。飛距離性能に満足する声が非常に多いです。
M6 使用者の口コミ・レビューはこちら