テーラーメイド SIM ドライバー 試打評価 口コミはどう?

テーラーメイド2020年SIMシリーズが登場!

テーラーメイド2020年「SIM」シリーズが登場しました。
ドライバーは「SIMドライバー」「SIM MAX ドライバー」「SIM MAX-D ドライバー」の3つのモデルがラインナップされています。最後の「SIM MAX-D」というのは、ドローバイアスが効いたつかまりのいいモデルになるのですが、日本では未発売モデルとなります。

 

SIMシリーズの特徴

ヘッドスピードアップと低スピン・寛容性の両立

「SIM」とはShape in Motionの略。空気抵抗を考えたヘッド形状となっています。
テーラーメイドはこれまでも空気抵抗についてはヘッドを作る際に常に考慮していました。空気抵抗を少なくするには、ヘッドを流線型にする必要がありました。クラウンとソールの後方を高くします。そうすると、空気抵抗が減ってヘッドスピードが上がることは分かっていました。しかし、この形状にすることで、重心が高くなりスピン量が多くなってしまうデメリットが生じていました。

そこで、今回のSIMシリーズでは、クラウン部分のみならずソール部分の広い部分でカーボン素材を採用し、大幅な軽量化を実現。その余剰重量をソールの出っ張った最も後ろの低い部分に再分配することで、流線型にしながらも重心を低く・深くして、スピン量を減らし寛容性も高めることに成功しました

スピードインジェクテッド ツイストフェース

M5やM6に搭載されて話題となったスピードインジェクションが、SIMシリーズでも搭載されています。ツアープロだけでなく一般ゴルファーが手にする一本一本のフェースを測定し、ルール最大限に反発性能を高めています。また、芯を外したミスヒット時にも弾道のバラつきを低減するツイストフェースにもなっており、飛距離性能と直進性を高いレベルで実現しています。

貫通型スピードポケット

M5やM6には搭載されていなかったのですが、SIMシリーズになり貫通型スピードポケットが復活しました。フェースの芯を外した時に、スピードポケットがたわむことでミスを軽減できます。特にトップ気味にヒットした際の飛距離ロスが少なくなります。

SIM ドライバーは3モデル

SIMドライバーは、3つのモデルがラインナップされています。
・SIM ドライバー
・SIM MAX ドライバー
・SIM MAX-D ドライバー(日本未発売モデル)

SIM ドライバー 試打評価

SIM ドライバーは、M5ドライバーの後継モデルと考えていいでしょう。
実際に試打をしてみたのですが、M5の特徴と似ており非常にスピン量が少ないです。プロや上級者、ヘッドスピードが速いプレーヤーは、飛ばすことが出来るドライバーでしょう。
ただ、やさしいドライバーではありません。それなりのヘッドスピードがないと球は上がりにくいですし、スピン量も少ないのでドロップしてしまいます。
標準シャフトの「TENSEI SILVER TM50」は、かなりしっかりとしたものですね。ヘッドスピードが46m/sくらいでもフレックスSで全く不具合を感じません。スピン量も多くなってしまうこともありませんし、球が暴れるようなこともありません。

SIM MAX ドライバー 試打評価

SIM MAX ドライバーは、M6ドライバーの後継モデルと考えていいでしょう。
こちらも試打をしましたが、SIM ドライバーと比較すると、球は上がりやすく、スピン量も少し多くなります。ですので、コントロールしやすい感じがします。つかまりもいいです。ストレートからドローボールを自然に打つことが出来る感じです。

SIM MAX-D ドライバー

SIM MAX ドライバーにドローバイアスを効かせてあり、よりつかまりを良くしたモデルとなります。アベレージゴルファーであれば、やはりつかまりのいいドライバーの方が、飛距離も出やすいですし、ナチュラルに振ってもつかまってくれるので良いと思います。
ただ、M6 D-TYPEと同様に日本では未発売のモデルとなります。もちろんアメリカから通販で購入することは可能です。日本人御用達のカリフォルニアのフェアウェイゴルフUSAさんでは、すでにSIM MAX-D ドライバーの予約の受付を開始されています。完全日本語対応なので安心です。

【フェアウェイゴルフ】SIM MAX-D ドライバーの詳細はこちら

SIMシリーズ 発売日は?

SIMシリーズの発売日は、2月7日と発表されました。
すでに各ゴルフショップでは、予約の受付が開始されています。

 

ゴルフダイジェストオンラインでは、発売日の前日である2月6日まで10%OFFで予約購入することができます。

【ゴルフダイジェストオンライン】SIM ドライバー 販売ページはこちら

 

楽天やYahoo!、Amazon内に出店されている各ゴルフショップも、注目モデルだけあり気合が入っています。価格競争も激化中です。