ゼクシオ9ドライバー試打評価

ゼクシオ9ドライバー

ゼクシオ9ドライバーが発売です。
今回で9代目。
ゼクシオと共にゼクシオユーザーも年齢を重ねていることを考慮。
より振りやすく、捕まりやすく、上がりやすく、ミスヒットに強いドライバーが完成しました。

 


ゼクシオ9ドライバーの詳細はこちら

 

ヘッドのソールに配置されているウエイトですが、
より後方でネック側に配置されています。
これはより球が上がりやすく、捕まりやすくしたいという意図が現れています。

 

また、シャフトとヘッドの重量のベストバランスで
自然とタメが生まれる工夫が施されました。
これは打ってみるとわかりますが、
自分が上手になったような錯覚すら覚えます。
それくらいキッチリとタメが出来て、
さらにインパクトではキッチリとヘッドが加速して戻ってきます。
打っていて気持ちいいですね。

 

 

このモデルだと、やや物足りないという
パワーがあるかた向けのゼクシオ9Miyazakiモデルもラインナップされています。

ゼクシオ9Miyazakiモデルの詳細はこちら
シャフトは50g台で、
クラブ全体は299g。
ヘッドスピード45前後あたりの方でも
十分に満足できるドライバーです。

 

実際、多くの男子プロも使用しています。
これまでのゼクシオは、シニアや女子プロが使うことはあっても
レギュラーツアーの選手が使うことはありませんでした。
それが飛ばし屋と言われる諸藤プロや額賀プロなどが
使用しています。
吹け上がらずに力強い球が出るということで
プロにも人気です。