SRIXON Z585 ドライバー 試打評価

SRIXON Z585 ドライバー 評価

SRIXON Z585 ドライバー。ツアーモデルのドライバーでありながら、ゼクシオの良い点を取り入れることで、やさしく飛ばすことが出来るドライバーとなっています。
試打をしてみると、一発目からその進化に驚かされました。まず打ち出し角から非常に高く、低スピンでグングン飛んで行ってくれます。そこにはSRIXONというブランドから来る難しいイメージとはかけ離れたやさしさを感じました。
またつかまりもいいです。ゼクシオほどの極端なつかまりの良さというわけではなく、ストレート性能が非常に高いドライバーとなっています。
格好いいツアーモデルのドライバーを使いたいけど、やさしいドライバーが欲しいという方に是非使っていただきたいドライバーです。

前作(Z565)との比較

前のZ565ドライバーは、Zシリーズのやさしい方とは言っても正直それほどやさしくありませんでした。一般的な体力の日本人が使えば、球がそれほど上がってくれませんし、つかまりもいいとは言えませんでした。やっぱりツアーモデルはアマチュアは使っちゃいけないんだな〜と感じたプレーヤーが多かったかもしれません。
今回は、それと比べると、まず見た目から全く違います。打感も違います。球の上がりやすさ、つかまりも違います。

ゼクシオXのカップフェースで飛ばす!

近年、外国ブランドのドライバーの勢いに押されて、日本人プレーヤーからも見放されつつあった日本メーカーのドライバー。しかし、2018年秋発売の日本ブランドのドライバーは非常に良いものが出来ています。
SRIXONも今回のドライバーは、相当に頑張って開発されました。
SRIXONと同じダンロップが作っている国民的ドライバーのXXIOの良い面を取り入れようとまず取り入れられたのが、XXIOのカップフェース技術。軽くて、強度が強くて、弾きが良い。これによって、高反発エリアが従来モデルより76%も拡大しました。
実際に打ってみると、その差は明らか。どこで打っても、飛距離が落ちないという感覚に陥るくらいです。

SRIXONではじめてのカーボンクラウン

今回のシリーズから、SRIXONとしては初めて軽量カーボンをクラウンに使うことにしました。
カーボンクラウンにすることのメリットとしては、軽量化に寄って生み出される余剰重量を、最適な場所に再分配することで重心の位置を自在にコントロールすることが出来ます。これによって、球の打ち出し角やつかまりやすさ、スピン量などを最適なすることが出来るのです。
今回のZ585ドライバーでは、やさしく高弾道で真っ直ぐに飛ばしやすいドライバーとなりました。

 

Z585ドライバー ヘッドの詳細データ

ヘッドの重さ:196.9g(標準)
重心距離:41.6mm(長い)
重心深度:39.3mm(深い)
フェースの高さ:5734mm(ややディープ)
スイートスポットの高さ:36.1mm(やや高い)
低重心率:63.0%(標準)
ヘッド左右慣性モーメント:4608g?(大きい)
ネック軸回り慣性モーメント:7627g?(大きい)

 

Z585ドライバー 口コミ・レビュー

ゴルフダイジェストオンラインには、多くの口コミ・レビューが届いています。
実際に購入して使用している方々のレビューとしては、やはりこれまでのSRIXONのイメージとは随分と違ったドライバーであるという感想が目立っています。やさしさと飛距離性能についてのコメントが多いですね。
Z585 ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

 

Z585ドライバー 最安値

日本ブランドのドライバーというとお値段が高いイメージがあるのですが、SRIXONは比較的お求めやすい価格設定になっています。
現時点での最安値は、こちらのショップです。ですが、在庫がなくなっているかもしれません。これを書いている時点で品薄状態です↓↓

Z585ドライバーの詳細はこちら

 

次に最安値はこちらです↓↓こちらは私もよく利用しているショップ。おすすめです。

ボールプレゼントキャンペーン開催中!! スリクソン Z585 ドライバー Miyazaki Mahana シャフト ゴルフクラブ BKP